エクスペリアXZ1を長持ちさせる充電の仕方

スマホは2年で寿命と言われていますが、2年で交換するのはもったいないですね。スマホの使い方によって長持ちさせられるなら知っておいて損はありません。

私はエクスペリアXZ1を使用しています。エクスペリアXZ1を長く使えるようにするための充電の仕方についてご紹介します。絶対やらなければならないというのではなく、やった方がエクスペリアXZ1を長く使えるという軽い気持ちで聞いてください。

スマホは高額なのに2年で交換するのはもったいない

人気のスマホは10万円近くする機種もあります。私のエクスペリアXZ1も定価は10万円近くしました。かなりの高額です。わずか2年で交換するのはもったいないです。

もっと長持ちできるスマホを作る技術はあるはずなのにと希望を言っても仕方がありません。現状のエクスペリアXZ1をいかに長く使えるようにするかが課題です。

スマホの本体は一般的に4年ほどは使えるみたいですが、バッテリーの寿命はそれよりも短いみたいです。

バッテリーの寿命を延ばすことによって、エクスペリアXZ1を少なくとも4年は持たせたいですね。バッテリーを交換すれば、1万円弱もかかってきますので、もったいないですよね。

次に、バッテリーについてみていきましょう。

エクスペリアXZ1のバッテリーが問題

エクスペリアXZ1にはリチウムイオン電池が搭載されています。以前使われていたニッケル水素電池やニッケルカドミウム電池と違い、リチウムイオン電池は電池容量がなくなってから充電しなくても、いつでも好きな時に充電できます。

満充電の使用可能時間は、放電をするたびに寿命が少し減ります。今まで1回の充電で数日使えていたスマホが、1日持たないようになります。

突然電源が切れたり、再起動を繰り返したり、電池容量が急に減ったりし、スマホの買い替えの必要が出てきます。

バッテリーを簡単に安価で交換できればいいのですが、先ほども述べましたが、バッテリーの交換は内蔵の機種が増えてきているので、ショップでするしかなく、1万円弱かかるみたいです。

次に、バッテリーを長持ちさせるにはどうすればいいかを見てみましょう。

バッテリーを長持ちさせるには?

1.充電回数を減らす
2.充電したまま長時間放置しない
3.充電中は使わない

以上の3点については後で述べます。

エクスペリアXZ1のバッテリーを長持ちさせる簡単な方法があります。充電し終わったら、エクスペリアXZ1を再起動させてください。かなり長持ちすると思います。

その理由は、アプリの暴走を再起動で収まるからです。ゲームやテレビなどのアプリは使っていなくても、背後で暴走する場合があります。アプリの暴走で、電池を消費させてしまいます。

「Wi-Fi」や「GPS」をオフにすることにより、多少ですが、バッテリーの消費を抑えることができます。多少バッテリーの消費を抑えられるだけなので、無理にオフにする必要はありませんが、少しでも消費を抑えたい時があれば、オフにしてください。

エクスペリアXZ1のバッテリーは熱に弱いため、直射日光が当たるところでの使用はできるだけ控えてください。夏場の車の中への置きっぱなしもいけません。

エクスペリアXZ1のバッテリー節約アプリを入れるという方法もありますが、節約アプリがバッテリーを消費してしまい、意味がないという調査結果もあります。Wi-Fiなどの機能が使えない節約アプリもあるので、使用状況により、試しに使ってみてもいいかもしれません。

電話がかかってこない、ネットを使わないと分かっているなら、機内モードに設定しておくと、バッテリー消費が抑えらえます。スマホ画面の明るさを抑えることによってもバッテリー消費削減効果があります。

次は少し難しくなりますが、興味がある方のみ、チャレンジしてみてください。バッテリーを長持ちさせるためのアプリは「バッテリーミックス」です。

この「バッテリーミックス」は、スマホのバックグラウンドで動作しており、使ってもいないのに、バッテリーを消費しているアプリを探し出してくれます。何もしていないのに、バッテリーの減りがある場合は、バッテリーミックスで調査してみるのもいいでしょう。

充電回数を減らす

いろいろと、バッテリーを長持ちさせる方法を見てきましたが、バッテリーを長持ちさせるには、充電回数を減らすことが誰でもできる一番わかりやすい方法でしょう。

少し減ったからといって、安易に充電することをやめてください。充電をすることによって、バッテリーは消耗していきます。充電することによって、バッテリーの使用可能時間が削減されていきます。

モバイルバッテリーを持ち歩くことによって、10%切るぐらいまで充電せずに頑張れると思います。

充電したまま長時間放置しない

就寝中の充電は絶対にやめてください。あるいは、スマホを充電したまま放置しておくのはバッテリーの消耗を早めてしまいます。

何分で充電できるかは、わかると思うので、80%以上になれば充電完了として、それ以上は充電する必要はありません。

充電中は使わない

常に充電したままの状態がバッテリーによくないことは説明しました。充電中に使用することも、バッテリーに負荷がかかるのでよくありません。

最近のバッテリーはよくなっているから、充電したまま使っても問題ないと思っている人が多いと思いますが、バッテリーを長持ちさせたいのであれば、充電したままの使用はやめてください。

充電するときは充電に集中し、充電するのはスマホを使用しない時間帯が好ましいです。

色々見てきましたが、やりやすい事を実行するだけでも、バッテリーは長持ちすると思います。

スマホのバッテリーの限界がきた場合は関連記事を参考にしてください。

関連記事 : スマホ買い替えのお得な方法

コメントの入力は終了しました。