ドコモ自転車シェアリングの感想!電動アシスト自転車が乗れるの?

ドコモ自転車シェアリングは、ドコモのスマホを持っている方でしたら、スマホを利用して自転車をシェアできる画期的なサービスなのです。

都内に出向いた時に、わざわざ歩いてとなると、時間もかかることから、所定の場所に設置している自転車を借りることができます。

使ってみるに際し、その感想や使い方をご紹介します。

ドコモのスマホがあれば

ドコモのスマホを持っている方のみ使用できるものなので、ドコモ自転車シェアリングを利用したい時には、ドコモのスマホに変更することが必要です。支払いもドコモで支払いができるようになりますので、手間もかからない所が魅力に感じます。

ドコモ自転車シェアリングの利用の仕方

ドコモ自転車シェアリングを利用するためには、アプリの登録が必要になります。

指定のアプリに登録をしたら、利用できるようになります。

支払い方法

支払い方としては、クレジット払いか、ドコモケータイ払いか選ぶことになります。ドコモケータイ支払いでは、お財布ケータイを利用することになりますので、使い過ぎを防ぐことができます。

あらかじめ入金をしておかないと使うことが出来ないようになってますので、残金を確認しておくことが必要です。私はクレジットカードを持つ人ではないので、使いたいときに使うというようにしています。

一回だけの会員になるには

会員登録をする必要があります。複数で利用する時でも、複数人の利用登録が必要になりますので、代表の方だけが登録すればいいというものではないのです。

利用するには、ICカードか、お財布ケータイが必要になりますので準備をしておくことです。これが普通の自転車のカギの代わりになるので、なくすことのないように注意する必要があります。

それと、毎回利用するたびにパスコードを発行することで、利用する自転車に入力することで、利用することができるというものです。

休日などのサイクリングの他に通学や通勤などで利用も出来る

都内に住んでる方であれば、自転車を持っている方も多いと思いますが、普段そんなに乗る機会もないことから、利用したい時に乗れるように月額料金にして利用することにしています。

実際に自転車を利用する時

初めてなので、どのようにして自転車を借りることが出来るのかわからなかったので、気にはしていましたが、実際に利用してみると、そんなに難しくはなかったので、大変安心したというのが感想です。

乗る前に手動で操作をすることが必要になりますが、それを気にされなければ、利用していけるかなって感じです。

利用するにあたり

自転車を利用した時には、返却のことが不安に思っている方もいらっしゃるかと思います。返却場所も移動先の所にあれば、どこでも返却できるという画期的なシステムとなってます。返却の仕方もきちんと書かれていますので、それに沿って正しく返却が完了すれば大丈夫なところがうれしいですね。

自転車に装備されているいくつものシステムで安心

ドコモ自転車シェアリングを利用するには、事前予約が必要になります。限られた台数しかないのと、利用される方を円滑にするための方法です。

最初に行うことは、自転車に付いているスタートボタンを押して、開錠パスコードを入力することが大切です。これを行わないと、設置されている自転車と所定の場所から移動させることが出来ないのです。

また、自転車のハンドル部分には、現在地がわかるシステムが備え付けられていますので、すぐに自転車の場所が特定できます。どこに置き忘れたかわからなくなった時に便利なので、活用するといいですね。

ハンドル部分には変速できるものが付いてますので、坂道であったり、速度を上げて走りたい時などに便利です。

サドルの高さも自由に変えられるようになってますので、自分の背の高さに合わせて、乗ることが必要です。すべての自転車に電動アシストが付いてますので、走行しても疲れることはなかったです。

サイクリングをしているときに、お店に立ち寄った時に施錠するのですが、手動で行うことによって、自分のケータイに施錠の確認メールが届くようになります。

再び乗る時には開錠パスコードを入力することでカギが開錠されます。都内いろんな場所に返却場所が設置されていますので、場所をあらかじめ調べておくことも利用して思います。

利用した分の請求は、自分のケータイに表示されるようになりますので、どのくらい使ったのか確認することができます。

この電動アシスト自転車一台一台に保険が掛けられているので、万が一盗難や事故、故障など起きても安心なのです。

まとめ

今は都内など中心に利用できるようになってますが、これが数年後には、都内以外にも設置されるようになれば、利便性は向上するかと思います。

普通の自転車を借りられるのは、みたことがありますが、電動アシスト自転車をシェアできるのは、私にとっては斬新だというのが感想です。