HELLO CYCLINGの返却予約のやり方!その魅力につきまして

レンタサイクルは借りた場所に返すのが普通でした。でも、レンタサイクルを借りた場所に、いちいち返すのは面倒ですよね。乗り捨てみたいなシステムがあるといいと思いませんか?または希望の返却場所に返せるといいですよね。

そのような思いにこたえてくれているのが、HELLO CYCLINGの返却予約です。そのやり方についてご紹介するとともに、HELLO CYCLINGの魅力について解説します。

HELLO CYCLINGの返却予約

自転車を利用している時に、アプリから返却予約ができます。そのやり方は簡単です。

返却予約のやり方
1.レンタル利用中にアプリの返却予約アイコンをタップします。

2.返却予約モードに切り替わり、返却したいステーションピンをタップします。

3.ステーション情報が表示されますので、「返却予約する」というボタンをタップします。

4.次の画面で、「+」、「-」ボタンを押し、自転車を返却したい台数を入力し、「返却予約を行う」で完了です。

返却予約状況は、「予約・利用状況の確認」でご確認できます。駐輪可能台数を超えての返却予約はできません。

HELLO CYCLINGの魅力とは?

HELLO CYCLINGとは、東京を中心に展開されている自転車サービスであり、HELLO CYCLINGの非常に魅力的な部分としましては、「いつでも、どこでも、気軽に借りることができる。」と言うのが魅力的なオプションであります。

東京都内は、バイクでも非常に難しい箇所があり、自転車であれば、通行し辛い部分をクリアできる可能性がある所もあります。

また、よく上京して来られた学生の方でまだ、自転車をお持ちでない方も多数居られます。そのような方々にも東京都内を散策するのには、気軽に東京都内どこでもサービススポットであれば、自転車を借りることが可能でありますので、まちのりから、観光まで様々なシーンにおいて使える自転車サービスは非常に有益なサービスであると思いました。

特に自転車で行きたい箇所を自転車に旅したい方についてもお勧めしたいサービス内容でありますHELLO CYCLINGです。

HELLO CYCLINGの使い方とは?

HELLO CYCLINGの使い方としましては、非常に簡単です。手順毎にHELLO CYCLINGの使用方法を記載させて頂きたいと思います。

スマホで簡単いつでも気軽に利用できること

HELLO CYCLINGでは、無料会員登録後、いつでも簡単にすぐに利用することができてしまいます。一度ICカードの登録を行いますと、予約せずにタッチ&ゴーで、より簡単にスムーズに利用することができます。しかも、会員登録につきましては、無料でありますので、躊躇することなく会員登録できるのが魅力でありますよね。

どこでも借りれて、どこでも返せる

HELLO CYCLINGがある無人ステーションであれば、どこでも乗り捨てが可能でありますので、これにつきましては、非常に画期的なアイデアでみなレンタル自転車で嫌がる理由のひとつとしましては、必ず借りた場所まで持ってこなければいけないと言う内容であったのです。この一手間がなくなるだけでも非常にHELLO CYCLINGで自転車を借りたい!と言う要素に繋がるはずです。私は、以前にレンタル自転車を借りたことがあったのですが、やはり制限時間が経過して終了する際には、借りた所まで絶対に持っていかなくてはならないと言う仮定が非常にしんどかったのですが、それをしないでよくなると言うことは、目から鱗的な内容であると思いますので、サイクリストの方々については大きな喜びであると思います。

1アカウントで複数台予約ができる

必ずしも利用者全員がアカウントを持つ必要性はなく、自転車複数台を同時に予約できます。ですので、学生同士で集団で自転車を借りたい時でも代表者一人だけのアカウントを持つことで、集団に対応する自転車をレンタルできることは素晴らしい内容であると思いました。

HELLO CYCLINGの料金体系や特徴とは?

HELLO CYCLINGについては、15分から使用可能となっております。全車両の利用料金に万が一の補償の料金が含まれています。

1、HELLO CYCLINGは、登録費用と、会員登録料は無料、年会費が発生しない所がHELLO CYCLINGの予算的な魅力であることは間違えありません。

2、料金は使った分だけ

予約してから料金が加算されるのではなく、利用開始してからの料金を徴収されると言う形になりますので、すぐに料金が発生する仕組みでない所がポイントであります。

3、キャンセルはいつでも可能

予約後キャンセルはいつでもできます。利用開始しなければ予約後30分で自動キャンセルされます。自動的な予約キャンセルは非常に魅力的であります。

自転車を借りたのは良かったが、忘れてしまったり、やっぱり利用するのやめた!と言う形になってしまい、特に突然の雨に見舞われた際や、風水害が発生した場合につきましては、キャンセルはする!と言うのは鉄則であるのですが、やはり人間でありますので、忘れてしまったり、知っててキャンセルをするのが面倒くさいのでキャンセルしないもしくは、したくないと言う心境にやはり、人間であればどのような状況になってしまう方々については居られると思います。

そのような方々につきましても安心、安全なキャンセル処理をしなくても自動的にキャンセルになりますので、そう言った点でも気軽に利用できることに繋がると思います。

4、全車両1日ごとに上限料金あり

利用開始から24時間以内であれば時間単位でのご利用でも1日の上限金額以上の料金はかかりません。

上限金額も気になる所であると思います。例えば、駐車パーキングにつきましては、上限がなく、どんどん料金が積算され続けることがあると思います。そう言った状況ではレンタルすること事態が非常に恐怖する形になりますが、そう言った上限金額のことを気にしないでレンタルできることは一つの魅力になると思います。

※1台の自転車を返却せずに利用し続けた場合のみ有効

コメントの入力は終了しました。