デザリングのやり方!エクスペリアをルーターにすると便利

外出先や旅行先でインターネットを使いたいという時に、本来ならモバイルルーターを持ち歩く必要があります。でも、このモバイルルーターは、持ち歩くにはかなり不便です。

そんな時に、手持ちのスマホ(私の場合はエクスペリア)がモバイルルーターの代わりになったら良いのにと思いませんか?そんな時には、スマホ(エクスペリア)のデザリング機能を使えば良いんです。

デザリングを使えば、いつでもどこでもインターネットと繋がる事が出来るので、とても便利です。そして、デザリングには3種類の方法があります。

それぞれの特徴とやり方をご紹介します。

Bluetoothデザリング

少しでもバッテリー消費を少なくしたいという時には、おすすめのデザリングです。Bluetoothは、デジタル機器の無線によるデータ通信を行うので、もしも、デザリングを使用している時に、間に障害物があったとしても、変わらない通信を行う事が出来ます。

それに、常にデザリングの設定がオンになっていても、電力は消費されないので、とても経済的に使えるのです。

ですが、そんなBluetoothデザリングにも、もちろん欠点もあります。Bluetoothデザリングにすると、通信速度が他のデザリングと比べて遅いという事です。

もちろん、通常のメールなどでな気にならないのですが、高画質の動画や、大容量のファイルをダウンロードしたいという時には、あまり向いてはいません。

そして、スマホと繋げる事が出来るデバイスは1つだけというのも、Bluetoothの欠点です。

例えば、パソコンとタブレット両方使いたいという時には、Bluetoothは不向きと言えます。

そして、やり方としては、まずはスマホとパソコンでペアリングという設定を行います。

最初にスマホの設定の項目をタップして、Bluetoothテザリングをオンにします。それから、パソコンの方で設定画面を開き、Bluetoothを選びます。

それから、デバイスを追加するをクリックして、スマホを選択します。スマホとパソコンの画面にコード番号が表示されるので、間違っていないか確認しましょう。確認したら、スマホのペア設定をオンにして完了です。

やり方が少し時間がかかりますが、Bluetoothはパスワードで設定する訳ではないので、セキュリティ的にも安心なやり方です。

Wi-Fiデザリング

もっとも一般的なデザリング方法として、Wi-Fi通信から接続するというやり方があります。

通信速度が早いので、動画の閲覧やファイルの送信に大きな役割をします。Wi-Fiデザリングは、複数のデバイスと繋がる事が出来ます。

スマホ(エクスペリア)を拠点として他のパソコンやタブレットがネットに接続できます。

パソコンやタブレット、デジタルカメラなどを一度にインターネットに繋げる事が出来ますので、仕事や趣味に何かと使えるデザリングです。そして、何よりも通信速度が早いので、なかなか繋がらなくてイライラする事がありません。

ですが、それゆえの欠点もあるのです。通信データ量が多くなるので、通信量の制限がかかりやすく、その結果、通信速度がかなり遅くなってしまいます。

そして、バッテリーの消費が早いので、常に電力の残りを気にする必要がありますし、スマホと使うデバイスの間に障害物があると、画面が中断してしまう可能性があるので、外出先や旅行先で使う時には注意が必要です。

また、デザリングは設定の時にパスワードを必要としますので、セキュリティへの不安はあります。

もしパスワードが他人に知られてしまうと、悪用の可能性もありますので、注意が必要です。

やり方は、スマホの設定画面からWi-Fiを選択します。パソコン側からは接続先一覧から、スマホの機種名をクリックして、完成です。

USBテザリング

デザリングの中でも、一番簡単なやり方なのは、USBデザリングです。

USBケーブルを接続して行うもので、直接デバイスと繋ぐので、色々な人と一度に集まる場所などで使う時でも、電波の混線がありません。

そして、パソコン側からの電源を同時に供給する事が出来るのも、最大のメリットです。

この事により、スマホのバッテリーの心配をする必要はありません。

私は以前はUSBをパソコンに接続し、ネットを楽しんでいました。デバイスは一台しか使えないという欠点があります。また、側にスマホがなければ駄目なので、タブレットやノートパソコンなどを使いたい時には、すぐ側にスマホを置いておく必要があります。

やり方は、3種類の中でも簡単です。スマホとパソコンとをUSBケーブルで繋ぎます。

そして、スマホの設定から、デザリングを選択して、USBデザリングを選択します。

これで完了です。

まとめ

デザリングを使う事が出来たら、仕事にも趣味にも大きく活躍をします。それぞれのデバイス、それそれの用途に合った使い方をしましょう。そして、その状況に合ったやり方を選択する事が大切です。

消費電力を抑えたい時や、急いでいる時、そして人数が多い場所で使用する時、それぞれに合ったやり方を選びましょう。

コメントの入力は終了しました。